我。



結局構ってもらいたいだけなのかも。

これはメモのような問いかけです。

バトンとか貰ってる人には申し訳ないですが、ちょっと今は色々厳しいので待っててください





最近、ちょっとややこしいっていうか
色々おざなりに過ごしてた分のお返しのようなものがきてます。
色々逃げすぎてたんだと思う
ここに書くのもボヤキのような、ある種の逃げなのかもしれない
僕はかなりの確立でまた無難な道を選んでしまうのだろう
でも、今まではその無難な道すらも踏ん切りがつかずに逃げていた。
まったくそりゃ色々見限られるわけですよね
最後の選択の時ってやつなんだろうけど。

1つ目が、全部を捨てて新しい道を探す一人旅か

2つ目が、助けを受けながら無難に進むか

1つ目もいいなと思うんだけど臆病なのが相まって難しいというか・・・
下手にというか、微妙に考え込む癖があるのも嫌だなぁと思う
こういう時に自分を信じて怖いもの知らずに進んでいけたらって思う。
自分を信じきれないのと結局何かに甘えないと生きていけないのが嫌だ・・・

どっちを選んでも友人関係の関わりは希薄になると思う。

如何せん「自分の為に必死に」という生き方が今までやったコトがない・・・
中学も普通に入れて、高校受験もロクに勉強しなくても希望の学校に入れ、卒業もそのまま普通にできて・・・

ある時期を境に「他人の為に」を自分の言い訳、免罪符みたいな感じで生きることしか出来なくなった。
結局は自分の為に通じるわけだけど、他人の為にって自分に言い訳できるのがどんなに楽だったコトか。

というか、自分の為になんて生きてたらきっと今までマトモなヒトとしての精神が保っていられなかったかもしれない。
やっぱりこう考えてみると自分は昔から向き合うことに逃げていたのだ。
自分を守るために他人の為にを考えて動く
でも、自分の一番わかって欲しいことを話そうとしないんだからいくら相手と話しても一番大事な所で相手が信用できなくなる

わざわざ理由付けしようと文字を並べてるのか、整理しようとしてるのかもわからないな
結局自分は何がしたいんだろう。
「本当に自分でやりたいことがあるなら、自分が欲しているものがあるなら諦めないで出来るはずだ」
と言われても、自己に対して諦め癖がついてる自分はどうやって決断に踏み切ればいいのだろう・・・

今となっては、自分に対して真剣に怒ってくれる人、真剣に話を聞いてもらえると自分が信用できる人。
自分が自分の不幸を共有してもいいと思える、自分の為に一緒に落ち込んでもらいたい人を今まで作れなかった、というかそこまで自分に価値を見出せなかった己を恥じる・・・

自分は何の為に生きているのだろう。

結局はこの文を晒してまた誰かに助けてもらいたいだけなのかも知れない。
うーん・・・うーん・・・
[PR]
by saki_yuuya | 2007-06-03 06:46 |
<< 二足のわらじじゃー! アーッ!!!! >>


この物語はフィクションです。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
† リンク †
・RO「†h.Naoto†」ますたの小部屋
所属ギルドh.Naotoマスタ、相方のRo日記でっすw
・我が道を行くMK(`・ω・)=3
RO友イジラレアイドルMKの日記だよ
・この世は舞台なり
N、Sangのギルメンの零度さんのブログだよん
・月夜之八重桜亭
ギルメンの月夜之琥珀さんのブログだよーExciteに移住したそうで。お互いがんばりましょー
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧